今日のテーマは、ゴルフ上達が必須の方に向けた話でして、ゴルフ上達法のことを詳しく知りたい!買う、という人には良いお話だと思います。

ディボット跡から上手く打つ方法はあるのか?

ディボット跡からの打ち方
ディボット跡は、特にアイアンなどのクラブでスイングした際に、芝生が剥がれて出来てしまったへこみ部分のことです。
ディボット跡を作ってしまった場合は、剥がれた部分を元に戻したり、目土で修正したりするべきでしょうが、ゴルファーの中にはそのまま進んでしまう人もいます。
そのようなへこみに、自分のボールが入ってしまうこともあるでしょう。

予想外のへこみなので、通常の打ち方ではミスショットに繋がりやすくなります。
もしディボット跡に入ってしまった時の対処法をいくつか紹介しましょう。

まず初心者にありがちなのは、すくいあげて打とうとするやり方です。
しかし、その打ち方ではダフったりする可能性が高くなるので、意外かもしれませんが、上からボールを叩くイメージでダウンブローで打っていくのが最良です。

ボールの位置は真ん中よりやや右側(ボール2個分)に置いてみましょう。こうすることでスイングの最下点よりやや手前でボールを打つことができるのです。この時のスタンスは通常通りで大丈夫です。グリップはやや短めに握り、ハンドファーストに構えます。
スイングは腕をアップライトに構えるイメージで打ちおろしていきます。

手首の角度も重要なポイントになってきます。
スイング時は、手首の角度を変えることなく打ち込んでいきます。
この時、ハンドファーストに構えていることを意識しておくと、ボールの飛距離が出てしまうというアクシデントにも落ち着いて対応することができます。

ディボット跡ではなく、目土の上にボールが乗ってしまうこともよくあることです。
この場合は、通常選んでいるクラブより1つ大きいクラブを使うようにしましょう。
土の上にボールがあるので、通常よりダフりやすくなってしまうのです。

グリップの握り方はディボット跡と同じように短めで、ハンドファーストに構えますが、ボールの位置が若干違います。真ん中よりボール1個分右に置いてコンパクトにスイングして振り抜いていきましょう。


出典はゴルフ上達法のための情報サイトというWEBサイトですが、このサイトのコンテンツはかなり良いです。

ゴルフ上達法のための情報
ゴルフ上達ノウハウを買う際の思ってもみなかった選択肢が見つかる可能性もあると思います。





ogtzuq